スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原理用語 れ



【霊】 「愛するものたち。霊だからといって、みな信じてはいけません。
  それらの霊が神からのものかどうかを、ためしなさい。なぜなら、
  にせ預言者がたくさん世に出て来たからです。

  イエスを告白しない霊はどれ一つとして神からでたのもではありません。
  それは反キリストの霊です」
               第1ヨハネ4:1~3 
   
【霊界】 単なる雰囲気を指していることが多いが、霊的なものに対する
   関心が高く、この世の霊に左右されている。


   信者の異常で強烈な信仰の拠り所は、霊界であるが、
   突き詰めていくと、ほとんどの人は重大な告白をする。
  「霊界について私はよくわからない」


   霊界が働くと実績が出る。実績が上がったのは霊界が働いたからだ。
   しかし、実績が上がらないのは霊界のせいにはならず、

   本人の責任にされる。
   手柄は霊界に、責任は本人に。

   霊界への恐怖を植え付け、増幅させて活動へと
   駆り立てていく。

  「霊界の先祖があなたに救いを求めている。霊界で苦しんでいる
   先祖を救わなければ、あなたの家族も救われない」

   霊界への恐怖がことさら強調され、信者らは、恐怖心から
   統一教会の指示を拒否できないように仕向けられている。
   また、教義からの離脱を困難な精神状態にすることに主眼を置いている。

   -------------------------------------------------

   イエスを落第キリストと認識していた者たちが行く所。
   燃える火の池に投げられる。

   キリスト教の天国とはまったく違う文鮮明を中心とする
   悪霊の世界。

   統一教会の霊界はサタンの支配している世界であり、
   聖書では立入禁止の世界である。

   聖霊に満たされ、愛、喜び、平安に支配される状態とは
   天国と地獄の違いがある。


  「肉の働きは明白である。すなわち、不品行、汚れ、好色、
   偶像礼拝、まじない、敵意、争い、そねみ、怒り、党派心、
   分裂、分派、ねたみ、泥酔、宴楽、およびそのたぐいである。

   しかし、御霊の実は、愛、寛容、慈愛、善意、忠実、柔和、
   自制であって、これらを否定する律法はない」
                ガラテヤ 5:19-22            

        
   古参信者が亡くなった時、文鮮明が言った。
   「彼は、地獄に堕ちた」

  * 統一教会のビデオの中で臨死体験を霊界の証明として取り上げているが、
   ある食口は、臨死体験をすることにより、統一原理と聖書の違いが判り、
   文鮮明がメシヤでないことがわかったとの確信を得た。

 * 統一食口は霊界との授受作用を完全に断たなければ、本当の自由を
   手にすることはできない。

   一瞬、一瞬に関係を断っていけば、自分がどれほど悪霊の作用を受けて
   いたかが判って驚く。

   最も早い解決は聖霊に満たされることである。
   心の暗闇にキリストの光が差し込んでくる。

  「わたしは世の光である。
   わたしに従って来る者は、やみのうちを歩くことがなく、
   命の光をもつであろう」
                  ヨハネ 8:12 

   <関連>霊媒師 、霊界通信、因縁トーク、救い、聖化

【霊界開放】  先祖解怨式(せんぞかいおんしき)

     霊界で苦しんでいる先祖を救うということで高額の献金を
     要求する統一教会の資金源。

     清平修練会に参加し、所定の費用を払って、
     先祖解怨を行わなければ、悪霊を分立することができず、

     先祖が霊界において苦しめられると共に、信者本人らも病気で
     苦しむなどと言い、解怨式への参加を強要し、
     多額の金額を収奪する。

     馬鹿な日本人からのお金集めの手段。
    「馬鹿は死ななきゃなおらない」と先生がよく言う。

     解怨はお金がなければできない。地獄の沙汰も金次第。

    <関連>清平(チョンピョン)、霊媒師 

【霊界通信】 1997年に死亡した李相軒が、霊界で多くの聖賢たちと
     交流したものを地上にいる霊媒師、金英順が取り次いだもの。

     洪順愛(韓鶴子の母)の言葉を霊媒師金孝南がとりついだもの。
    
  
     結論は、文鮮明をメシヤとして侍り、
     統一原理を受け入れよというもの。

     釈迦や孔子やマホメットが生前地上で教えてきたことは
     すべて誤りであった。

     文鮮明先生こそが、人類の救い主である。
     悔い改めて従いなさい。

     パウロは李相軒の説く統一原理により
     新しい真理を悟り、改宗した。

     文鮮明を再臨のメシヤ、真のお父様と信じるようになり、
     霊界で李相軒と共に統一原理を説き明かすものになった。

     文鮮明が勝手に祝福させてあげたイエスキリスト、
     釈迦、アウグスチヌス、孔子、ソフラテスから、

    「よい妻を与えられた」と祝福に対する深い感謝と
     自分たちの反省の手紙がきた。

     マルクス、レーニン、スターリン、ヒットラーなどが、
     文鮮明をメシヤとして受け入れ、絶対的に従って行く
     ことを決意した。

     ルーシェルから謝罪の手紙が届いた、などなど。


   * 『李相軒が霊界から送ったメッセージ』を読むと
     統一原理の間違いを裏書している。

     もう少し、聖書やキリスト教のことを調べていれば、
     まともなことが言えるはずだと思う。
 
     現役信者も元信者もがっかりするお粗末さだ。

    * ほとんどの研究家があまりの内容のひどさに途中で
     読むことをあきらめるという。

    <関連>霊媒師、清平       

【霊感商法】 霊に感謝する商法。
     信者は霊感商法を社会悪と考えずに、自らの行為を正当化して行う。

     人の不安や不幸につけ込んで高額な商品を契約させる商法を霊感商法と呼ぶ。
    「孫が病気になる。死んでもいいのか」

    「買わないと交通事故に遭いますよ」などと言う手口を使って、
     契約させるケースがほとんど。

     警察庁による定義
    「霊感商法とは、人の死後や将来についてあることないことを言って
     不安をあおり立て、その不安につけ込み、普通の人では買わない

     ようなものを不当に高価に売りつける、悪質商法の中でも最も
     悪質なもの」

     買わなければ先祖も本人も天国へ行けないなどと脅しながら、
     原価の数十倍から数百倍で買わせる手法。

     壷、印鑑、多宝塔、数珠などを霊感で示されたように偽って販売する。
     買い手の情報をあらかじめ集めておき、その情報をあたかも

     霊感があるように見せかけ、勧誘役と霊能者役に分かれて、
     演技し恐怖をあおるような方法で販売する商法。

      幹部が作成した嘘をつき、人を脅かすマニュアルがある。
     目標額が設定されており、その実績が表にまとめられていた。

     霊界や先祖の因縁が資金集めの口実として用いられ、
     マニュアルが過去30年の組織の経験に基づいて

     驚くばかりに巧妙にみがきあげられ、社会心理学的にも
     裏づけられた手口が使われていた。

      全国霊感商法対策弁護士連絡会の2007年までの資料によると
     相談件数2万8996件、

     被害金額は1兆74億円になるになるが、
     表面化した件であり、氷山の一角だと言う。      
 
     表向きは統一教会とは関係ないと言うように教えられているが、
     万物復帰という教義の実践で、組織的に指導している。

    * だまされていたと気付くようなやり方で金や財産を奪い、
     その人の人生を狂わし、肉体や精神に傷を負わせることが問題。  

    * 熱心な信者は悪いこととは思っていないというが、
     良心はわかっている。

    <関連>因縁トーク、タワー長、トーカー、ヨハネ役、
        万物復帰、定着経済

【霊肉共の救い】 キリスト教の聖化と同じ。
       統一教会にあっては絵に描いたモチ。

      <関連>聖化

【霊の親】 自分を伝道した信者 。
      SP=スピリチュアル・ペアレント。

【霊の兄弟】 同じ人から伝道された仲間。

【霊の子】 自分が伝道した信者。
    初期には霊の子3人が祝福の条件の一つ (ネズミ講式伝道)。

   * 常に新しいメンバーを作り続けなければ自分たちの死活問題になる。

【霊媒師】 シャーマン=ムーダン。
    地獄の水先案内人。

    先祖霊による恣依現象を現す人。
    統一教会には文鮮明公認のお抱えムーダンがいる。

    死者たちからの霊界通信やお告げが、何の検証もなく
    統一教会の正しさを証明する絶対的な根拠になる。
    
    主なる神は霊媒する者を忌み嫌われる

    「あなたがたのうちに
    呪文を唱える者、霊媒をする者、口寄せ、
    死人に伺いを立てるものがあってはならない。

    これらのことを行なう者はみな、主が忌みきらわれるからである。
    これらの忌みきらうことのために、あなたの神、主は、
    あなたの前から、彼らを追い払われる。

    あなたは、あなたの神、主に対して全き者でなければならない。

    あなたが占領しようとしているこれらの異邦の民は、
    卜者や占い師に聞き従ってきたのは確かである。
    しかし、あなたには、あなたの神、主はそうすることを許されない」
                    申命記18:10-14

    アトピーは、従軍慰安婦の霊によるといっているが、
    韓国でも現代病として急激に増え深刻な問題となっている。

    6~12歳の子どものアトピーは27.5%にまで増加し、
    成人の患者も増えていると言う医学データが報告されている。

   <関連> 先祖解怨式、清平(チョンピョン)、霊界通信

連絡協議会 =しあわせサークル連絡協議会。
      統一教会のダミー組織。

     <関連>霊感商法

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。