スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原理用語 ふ



【VC】 ビデオセンターのこと。
     ビデオ受講によってセミナーに勧誘する。

     教団名はおろか、宗教の布教ということも明らかにせず、
     教養的な内容を学習する場だと安心させ、受講を継続させる。

     なんのために勧誘されてきたのかを明かさない特異な勧誘
     方法をとる。


【4DAY】 フォー・デイズ・ワークショップ。
    3泊4日の修練会。
    逃げ場をなくし、献身の決意をさせる。

    罪意識と恐怖心を教え込み、使命感とメシヤの必要性を説く。

    ある程度の強さの恐怖感と切迫感を与えるとそれに対処する
    合理的な意思決定をする。

    睡魔や疲労に抵抗しながら、周囲の熱狂状態にあおられ、
    情緒的に高揚することで、刺激の過負荷状態になり、

    現実性のチェックといった判断機能が低下し、熟慮しようとする
    傾向が低くなる。

   <関連>教育過程、2DAY

【復活】 『原理講論』 P259
  「イエスは地上においても、原罪がないという点をのぞけば、
   我々と少しも異なるところのない人間であられるし、

   また、復活後、霊界においても、弟子達と異なるところのない
   霊人体としておられるのである」

--------------------------------------------------------

   「そこでふたりのものは、途中であったことや、パンをおさきに
   なる様子でイエスだとわかったことなどを話した。

   こう話していると、イエスが彼らの中にお立ちになった。
   彼らは恐れ驚いて、霊を見ているのだと思った。

   そこでイエスが言われた、「なぜおじ惑っているのか。
   どうして疑いを起こすのか。わたしの手や足を見なさい。

   まさしくわたしなのだ。さわって見なさい。霊には肉や
   骨はないが、あなたがたが見るとおり、わたしにはあるのだ」

   彼らは喜びのあまり、まだ信じられないで不思議に思っていると、
   イエスが「ここに何か食物があるか」と言われた。

   彼らが焼いた魚の一きれをさしあげると、イエスはそれをとって、
   みんなの前で食べられた」
                ルカ 24:35-42    

  * 原理講論は聖書の教理解説書にまったくなっていない。 

  <関連>霊界

【復活する】 気持ちが元気になる。
  
     * 「ああ、復活した」
       キリストが者が初めて聞いたら、腰を抜かすぞ!

【復帰】 神(文鮮明)の陣営に入ること。
   伝道すること。

   統一教会の初期には血分けを意味する言葉として使われていたようだが
   今は全くそんな使いかたはない。
   「復帰してください」
   蘇生、長生、完成の3回の交わりが必要だった。

【復帰摂理】 復帰の道は、堕落した経路と反対の経路を貫いて
     行かなければいけません。

     うそをついて堕落したのだから、うそをついて復帰しなければ
     なりません。

     統一原理を真面目に信じる限り身内を欺いてでも信仰を貫かなければ
     なりません。

    *「親泣かせ原理運動」ではなく、
     あなたを形造った主なる神を泣かせています。

【福音】「ユアンゲリオン」=「われ勝てり」
    福音を指す言葉となった。
    勝利の音信、喜びのおとずれ。喜びのおとずれ。

    イエス・キリストの福音は罪からの開放のおとずれ。
    罪責感や恐怖心から自由な人間になれるというよきしらせ。


    〔福音書のテーマ〕 
    マタイの福音書  ユダヤ人向けに「メシヤとしてのイエス」
    マルコの福音書 「神のしもべとしてのイエス」

    ルカの福音書  「人間としてのイエス」
    ヨハネの福音書 「神であり、救い主であるイエス」
 

   「そもそも『福音』とは『良い知らせ』という意味ですが、
    御子イエスが私たちを罪から救い出し、地獄と滅びから

    免れさせ、天国の祝福に与らせてくださるという意味で、
    御子イエスが福音の実体なのです」
           『ローマ人への手紙』 河村 襄

 
   「神はイエス・キリストを通して、すべての人に、愛とゆるし、
    救いの声をかけていらしゃるということです。

    どんな罪人でも、心から求めて信じるなら、一人残らず、
    さばきから、死からの救い、新しい永遠のいのちに生かして
    下さるという神の福音です。

    これは、受け入れることも、拒絶することもできます。
    選び取ることも捨てることもできます。自由選択です。

    しかし、聞き入れるなら生きるのです」
            『みことばの泉』 羽鳥明
 
   「わたしは福音を恥としない。それは、ユダヤ人をはじめ、
    ギリシャ人にもすべて信じるものに、救いを得させる神の力である」
                  ローマ 1:16

   * 聖書には「恐れるな」ということばが365回あり、
    これは一年365日、毎日「恐れるな」ということだ
    と言われている。

   * 蕩減(罪の清算)というのは、新約以前のとらえかたである。

    統一原理では、犯した罪の責任は当人にあり、
    当人が償わなければならない。自力(責任分担)で努力して
    築き上げなければならないという。そうでなければサタンが
    讒訴するという。

    福音は、私の罪の身代わりに、イエス様が代価を支払って
    罪のために死なれたという神の宣言を信じることである。

    自分の行なってきたどんなことにも関係なく、
    神の恵みによって、罪が赦されるというものである。

    それは司法判断的なものではなく、事実であるので、信じた本人に
    救いの確信が与えられ、内住の御霊によって神的性質が誕生する。

   「主は霊である。そして、主の霊のあるところには、
    自由がある」 
                第2 コリント 3:17

   「真理はあなたがたを自由にします」
            ヨハネ8:31

   「あなたがたは、人を再び恐怖に陥れるような、奴隷の霊を
    受けたのではなく、子としてくださる御霊を受けたのです」
                  ローマ8:15
     
 <関連>救い、自由、贖罪、義認、十字架、蕩減、恵み

【ブラックフンジン】 文鮮明の裏工作により、ジンバブエの黒人青年に
       息子フンジンが再臨したと言い、幹部の姦通、公金横領を
       悔い改めさせた。

       側近の朴ポヒ総裁は億の公金横領のため、
       暴力を受け、脳出血で手術を受けた。

【フミの日】 定期的に内部書類を隠匿する日。

【ブルー】 ブルー、毛皮、絵画、呉服など。

     <関連>定着経済

【古田元男】 ミスター霊感商法。
      霊感商法の元締め、総責任者。
      教祖のパイプ役のコマンダー(命令権者)。

【文鮮明】 (ムン・ソン・ミョン) 本名 文龍明。 北朝鮮生まれ。
    兄弟のうち彼だけが遺伝的無原罪として生まれる。

    統一教会の教祖。自称再臨のメシア。
    人格障害があり。 前科6犯。
 
    側近は自己中心的、名人級の詐欺師と見るが、だんだん末端に
    いくにしたがって神格化されている。

   「神様が決議文の中で、『文総裁は、救世主、メシヤ、再臨主、真の父母である』
    と、間違いなくおっしゃったのです」

   「日本の国の真の父母であり、真の師であり、真の王である」と宣布。

   「イエスはわたしの弟子であり、孔子はわたしの弟子であり、
    釈迦はわたしの弟子であり、マホメットはわたしの弟子である。」
              『弟十四回 七・一節の御言』より抜粋


    「先生は単身、霊界と肉界の両界にわたる億万のサタンと闘い、
    勝利されたのである。そうして、イエスをはじめ、楽園の多くの

    聖賢たちと自由に接触し、密かに神と霊交なさることによって、
    天倫の秘密を明らかにされたのである」
               『原理講論』 総序 P38より抜粋

    * ルーシェルが億万もいたのか
     聖賢たちと自由に接触できるのに霊媒師のウソ八百が
     わからないのか。

     神と霊交できるのに、なぜ霊感商法の返品の嵐が
     わかっていないのか。
     赤字企業ばかりをつくり、行き詰るのか。

     わざわざ刑務所に入るようなことをするのか。
     何故摂理がたびたびかわるのか。

     文鮮明は霊界に自由に行き来し、誰とでも話ができるとされているが、
     一方で、霊媒師に常にお伺いを立てているのはおかしい。
     霊界に行って事実を確かめる能力がないことの証明になる。

     統一食口だったら聞きたいことが山ほどあるだろう。

    <関連>無原罪性、幹部、摂理、霊媒師、ルーシェル

【文鮮明 自叙伝】 『平和を愛する世界人として』より抜粋

   P20
  「父は文慶裕、母は金慶継の次男として生まれました。」
   P38
  「私の上に兄が1人、姉が3人、下に弟と妹が8人いました。」

  * イエスは生まれながらにキリストです。
  「イエスがヘロデの代に、ユダヤのベツレヘムでお生まれになったとき、
   見よ、東からきた博士たちがエルサレムに着いて言った、

  「ユダヤ人の王としてお生まれになったかたは、どこにおられますか。
   わたしたちは東の方でその星を見たので、そのかたを拝みにきました」
              マタイ 2:1、2

  「そこで王は祭司長たちと民の律法学者たちとを全部集めて、
   キリストはどこに生まれるのかと、問いただした。

   彼らは王に言った、
  『ユダヤのベツレヘムです』」
              マタイ 2:4
  「御使いは言った、
   恐れるな。見よ、すべての民に与えられる大きな喜びを、
   あなたがたに伝える。

   今日ダビデの町に、あなたがたのために救い主が
   お生まれになった。
   このかたこそ主なるキリストである。」
              ルカ 2:10、11

   P48から抜粋
  「私は幼い時から人並み外れているところがありました。
   見合いをしてあげるチャンピョンになりました。

   新郎と花嫁の写真を2枚だけ持ってくればすべて分かりました。
   良縁を結んであげることを90歳になるまでした」

  * 自分も離婚し、子どもも多数離婚し、
   勝手に相手をさがしてきた子どものほうがかえってうまくいっている。

   P62
  「15歳なった年の復活節を迎える週でした。

   祈りでずっと夜を過ごした後、明け方になって、
   イエス様が私の前に現れました。

   風のように忽然と現れたイエス様は、
  『苦しんでいる人類のゆえに、神様はあまりにも悲しんでおられます。
   地上で天の御旨に対する特別な使命を果たしなさい』
   と語られたのです」

  * イエス・キリストと文鮮明は別人ですか?
   再臨のキリストと宣言したはずですが。

   偽キリストとは思わなっかったのですか
  「そのとき、だれかがあなたがたに『見よ、ここにキリストがいる』、
  『見よ、あそこにいる』と言っても、それを信じるな。

   にせキリストたちや、にせ預言者たちが起って、しるしと奇跡とを行い、
   できれば、選民をも惑わそうとするであろう。

   だから、気をつけていなさい。いっさいの事を、
   あなたがたに前もって言っておく」
               マルコ 13:21-23

  「しかし、驚くにはおよばない。
   サタンも光の天使に偽装するのだから」
               第2コリント 11:14

    P68
   「漢民族の偉大さを世界に知らせる方法を探し求めなければならない。
    必ず民族を救い、神様の平和をこの地に成し遂げます」

   * 民族レベルのメシヤなのか。
   「神はひとり子を賜ったほどに、この世を愛された。

   それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、
    永遠の命を得るためである」
              ヨハネ 3:16 

    P79
   「常に英語、日本語、韓国語の3種類の聖書を並べて広げておき、
    三つの言語で何度も読み返しました。

    読むたびに熱心に線を引いたりメモを書き込んだりして、
    聖書はすっかり真っ黒になってしまいました。

  * 聖書を読んでいたとは、信じられないほど間違った解釈をしている。
    どこにイエスは、ザガリヤとの不倫の子どもだと書いてあるのか、

    マリヤとの母子協助が必要だっだとか、六マリヤを復帰して、
    次々と子孫をつくらねばならなかったなど。

    聖書を読んだことがある人が聞けば驚くことを平気で言う。

    P84
   「人の運勢を占ったこともあります」

   * イエス・キリストなら絶対にありえない。
    聖書には占いは罪だと書いている。

    P159
   「大事に稼いで大事に使う
    商売をして集めたお金は神聖なお金です。しかし、商売で得たお金を

    神聖なものにするには、それに携わる人が嘘をつかず、暴利を貪らない
    と言う条件が必要です。

    商売をするときは、常に正直でなければならず、3割以上の利益を
    取ってはなりません。

    私は生涯、そのような心がけで事業を展開してきました」

   * 高麗大理石壺の輸入原価は、3万4千円のものが40万円、
    7万円のものが80万円、龍石が23万円ものが150万、
    35万が250万。

    高麗人参は、1700~1800円で、国内販売価格は6000円です。
    聖本 3000万は原価の何倍になるのか。

    P213
   「夫婦が必ず守らなければならない約束
    結婚した後には必ず守りべきことがあり、私は結婚する夫婦に必ず
    次のことを誓わせます。

    第一に、夫婦がお互いに信頼し愛すること、
    第二に、お互いの心を傷つけないこと、

    第三に、二世や三世の子供たちに純潔を守るように教えること、
    第四に、真の理想家庭を築くためにすべての家族が互いに
        協助すること、等々です。

    婚前の純潔を守ることと結婚後に貞節を守ることは、
    男女を問わずとても大事です。

    人間らしく、正しく生きるために、また健全な家庭を守るために、
    私は必ずこれを教えます」

   * 実行できなっかったのは、真のご父母様と真のご子女さまでは?

    P214
   「ところで、家庭生活において最も大切なのが息子・娘をきちんと
    育てることです。

    美しく育つべき青少年が麻薬に溺れ、幻覚を見ながら生きています。
    幻覚は正気を失わせ、正気を失った子供たちは、結局、犯罪と
    堕落の沼地にはまってしまいます。

   * まるで自分の家族の体験談みたいです。

   P215
   「大人たちの不倫と性道徳の乱れは、家庭を崩壊し、
    子供たちを駄目にしてしまいます。

    不倫と乱れた私生活は、子供たちの心に致命的な
    ダメージを与えます」

   * 文鮮明の体験です。

    P238
   「最も大切なことは、罪を犯さず、影のない人生を生きることです。
    何が罪なのかという問題は、宗教的に、また哲学的に多くの

    論争の問題になりますが、はっきりしていることは
    良心が躊躇することをしてはならないという事実です。

    良心に引っ掛かることをすれば、必ず心に影が残るのです」

   * 良心は肉の心だ。自己否定、アベルに完全屈服、天情に生きろ
    と言われたのは先生です。
    もう取り返しがつかないほど、罪を犯しました。

    P249
   「私は生涯、平和のために身を捧げてきました。
   『平和』という言葉を思い起こすだけで、今も喉が
    締め付けられて食べ物が通らず、目頭が熱くなります」

   * 銃器会社を作って儲けていることですか?

  P346
   「今や私たちは、『銃剣を溶かして鋤や鍬を作る時』です」

   * 言っていることと行動が客観的に矛盾です。

---------------------------------------------------------------

    「人を隷属させるような破壊的団体の最も目に付く特徴は、
    表面的には愛、英知、知性、組織的行動など、その人が望む

    何かを提供するという『本物らしさ』があるのです。
    この『本物らしさ』という隠れ蓑がなければ、

   『人を自分に縛り付けておきたい』というリーダーの要求を
    満足するコントロールの本質と目的を隠し通すことはできません」

           『カルト宗教』 紀藤正樹・山口貴士 著

   <関連>占い、聖書、霊感商法、イエスキリストと文鮮明の比較、罪

【文孝進】(ヒヨジン) 韓鶴子の長男。
    原理研究会の初代会長
    文教祖の後継者と期待されたが、45歳で死去。

    麻薬、アルコール中毒、不倫、家庭内暴力、離婚、破産など
    真の家庭の内側の問題点を明らかにし、多くの信者の目を開き
    自由を与えるのに功績のあった人。

    「原因があってはじめて結果がある。
     われわれが手本となり種となって子女を教育させなければならない。
     子女たちは父母の内的生活、外的生活の証拠物である」
                  『御旨の道』より 文鮮明

【文国進】(グクチン) 韓鶴子の4男。
    銃器会社を任されている

    子供の出来ない本妻を離婚、すぐに2003年ミスコリアの
    朴知鋭(パクチイェ)と再祝福。

    「イエスは答えていわれた、あなたがたはまだ読んだことがないのか。
   『創造者は初めから人を男と女とに造られ、そして言われた、

    それゆえに、人は父母を離れ、その妻と結ばれ、二人の者は
    一体となるべきである』。

    彼らはもはや、ふたりではなく一体である。だから、
    神が合わせたものを、人は離してはならない」

   「そこでわたしはあなたがたに言う。
    不品行のゆえなくて、自分の妻を出して他の女をめとる者は、
    姦淫を行うのである」
            マタイ 19:4、9(協会訳)

   「言っておくが、不法な結婚でもないのに妻を離縁して、
    他の女を妻にする者は、姦通の罪を犯すことになる」
            マタイ 19:9(共同訳)

   <関連>ご子女様

【文亨進】(ヒョンジン) 韓鶴子の7男。
    1979年生まれ。
    統一教会の公式発表で宗教分野の後継者。

    18歳で結婚 5男1女。
    ハーバード大学神学大学院(比較宗教学専攻)。
    在学時代は仏教に傾倒。

   〔文亨進世界会長 名言集〕

    文鮮明は、「ただの人間である」
     
   「統一教会はキリスト教ではない、むしろ仏教に近い」

   「何故、人類のメシアで全ての女性を主管できるお父様に
    そういう問題があるからといって問題になるのか。

    私達は勇気を持って隠すのではなくきちんと話さないと
    いけない。今後、六マリアの講義案を作っていく。

    我々は堂々としなければならない」


    今まで統一教会が、「血分けなんてとんでもない」と
    全面否定していたことを、世界会長があっさりと認めた。

   <関連>血分け、混淫派


【文興進】 (フンジン)韓鶴子の次男。
    自動車事故死 17歳。

    1983年12月22日深夜、友達とのパーティからの帰り、
    凍結した道路でトラックに激しくぶつかり脳死状態。
    1984年1月2日人工呼吸器のスイッチが切られた。

    偉大なる犠牲により、天界を統治する位置につき、
    イエス様をも教育する立場になった。

    1984年2月20日、朴薫淑と霊界結婚をした。
   (アメリカの法律では死者との結婚は認められない)


【分別】 神の物とサタンの物を分けること。
     何でも善と悪に分ける。分けないと神が取ることができない。

     うまくいっていたものまでも引き裂く。
     統一教会の最も得意とするところ。

    * そうしないとカルトの論理の展開ができない。

    * 聖フランシスコの祈りの正反対を行っているのだが、
     本人達は全くそのことに気付いていない。

    <関連>善悪、二極思考、アベルカイン、カルト 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。